SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cheshire Cat grins on the Pictures

<< 男やもめに… | main | 久しぶりの世界 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画2選
最近ちょこちょこ映画を見に行ってます。
前と違って時間的に余裕が出来たので三宮
をぶらぶらするついでにチョット…って
いう感じですねぇ^^

ま、正直いうと相方氏と見に行くのがベスト
なんでしょうけど、あっちはあっちで忙しいし、
もっぱら一人で行ってるわけですが(笑

ま、震災後に映画なんて見に行ってなかったから
昔よく行った映画館がどうなってるのかなぁ…
なんていう興味もあったりします。

と、言うわけで先週今週で
「サイレントヒル」
「日本沈没」

見てきました^^

で、ですね…


■サイレントヒル
ゲームが原作というこの映画ですけど、原作は
遊んだことはありません。でも観終わった後に
ちょっと遊んでみたくなったなぁw

本編の方ですが、いろいろなメディアで「コワイコワイ」
って話でしたけど、個人的にはそれほど怖くなく…。
ただ、全体的な雰囲気は好きかな^^
派手なホラーではなく、それこそ映画のタイトルのように
静かにじわじわと進行してゆくホラータッチの作品で
バックグラウンドとかも個人的には好きな感じで。
ま、「安心して楽しんだ」…ってとこかしらねぇ^^
(…ホラーなのに…w)

■日本沈没
ここしばらく、落ち着いた作品が多かったので
(ダヴィンチコード・サイレントヒル)
ちょっと何か派手なものを…ってことで観て来ました^^
久々に観る日本映画もいいねー。

で、気になる内容のほうですが、さすがにこの時代の
作品だけあって各都市が破壊されてゆく様は圧巻でした!
まぁ、主演二人の恋愛の進行は、ソンナモノとして…w

ただ、この作品は切ないですねぇ…。

町が破壊されてゆく様が余りにリアルでね。
うーん、どんな感じといえばいいのかなぁ。。
慣れ親しんだ町が壊れてゆく様はホントに切ないです。

あぁぁぁ、私の日本が… ってね。

そうねぇ、幸いにして私の父母はまだ健在で、
まだまだ死んだりするなんて想像もしないんですけど、

「でももし今そのどちらかが死んだとしたら?」

…みたいな状況を不意に目の前に突きつけられた
ような感じがしましたね。
主演の草薙さんとか柴咲さんの絡みでは普通に見てました
けど、日本がどんどん壊れてゆくところで不覚にも
落涙してしまいました。

この、山と川と緑と神々の国、日本が無くなってしまうって
ホントに悲しいことよねぇ。。。

そんな映画でした。

もう少し書きますが映画のネタバレなのでこれから観る人は
見ない方がいいですね^^


そんなわけでもう少しコメント。

◇サイレントヒル
…でねぇ、この映画に出てくるの、主要部分では
ほとんど女の人中心なのよね。
テーマの中に母性愛みたいなものがあるみたいだけど
なんか最近接するものにこういうテーマがやけに多い…。
好んで選んでるわけじゃないんだけど、小説とか
読んでても、なんかそういうのが多いのよねぇ…。

何かの暗示かしらw

本編のほう、もう少し触れておきますね。

話の導入としては、とある夫妻が幼女にとった
女の子が何かにとり憑かれてる…って感じから
始まります。起きてるときは普通なんだけど、
寝てたり意識がないときはどうも別の誰かが
出てきてるらしい…って感じでなんですけど。
そんな感じでこの子がいつの間にかスケッチブックに
絵を描いてるんですけど、その絵がとても禍々しくて
なかなかいい感じでした。

あー、なるほど、ちょっとイッちゃった宗教絡み
なのかなぁー…みたいなねw

で、奥さんと娘の二人でサイレントヒル行くわけですが
町にはいるやいきなり車の前に誰か出てきて事故…
お約束とw

事故で気絶して目を覚ますと回りは灰色の世界に…
って感じです。サイレンが鳴るとこれがいきなり
景色が剥がれ落ちて真っ赤な炎みたいな世界になって
その間は、映画中でいわく「闇の者」の世界になります。

ちっちゃい虫の群れが気色悪かった…。

そのうち、教会みたいなトコ見つけてそこが一応
安全だ…ってなるわけですけど、その教会がちょっと
危ない教祖様がイテデスネ。

ま、用は魔女狩り・悪魔祓い的な信仰のあるトコで
その娘さんは実はそこで火あぶりにされた女の子
(の一部)だった…っていうお話です。

この女の子が正味3役(火あぶりにされた娘・
その娘から出てきた悪の部分・同じく良心の部分)
演じてます。

簡単に書くとこんな感じ

・火あぶりにされた娘
  キャラクターとしてオリジナル。全身火傷で
  ずーーーっと入院中。
・悪の部分
  身動きできない娘さんが世界を呪う過程で出現。
  物語の赤い世界の演出者。
・良心の部分
  最後に残った良心の体現。孤児院に預けられる。

私が言うのもなんですが、結構可愛かった^^

ただ、可愛すぎて怖い顔してもそんなに怖さがないというか…w

いろいろ書くと長くなるのでこの辺でまとめときます。
総じて、この映画って救いがないですね。

奥さんと一緒に女警官もこの世界に紛れ込んでしまいますが
最後の最後でこの教団によって教会の中で火炙りにされて
しまいます。
「いや、何か助けられるイベントがあるでしょうー?」
って思ってみてたらホントに燃えちゃった…。

クライマックスで教団の教主(これも女の人)がざっくり
殺されて一段落ます。で、女の子と奥さんは家に帰ってきます。
因みにその時旦那さんを移す時の映画のカラーは普通の
いわゆるフルカラー。でも、奥さん達を映すときは
相変わらず灰色のトーンのまま。
因みに灰色の世界は普通の世界と交わってないのよね…。

どこかでぱっと切り替わるのかなぁ…と思ってみてたら
ついに二つの世界は統一されることなく終わってしまいました…。

アメリカ映画にありがちな、最後はハッピーエンドで
「ヨカッタネー」的なエンドではなかったのは好感が持てます。

ま、突っ込みどころは多かったですけどねぇ…w

最後の世界崩壊のシーンで、良心の女の子と奥さんが
抱き合ってるところに悪の女の子が寄ってくるわけですよ。

で、おかあさんが「見ちゃダメ!」…って娘の顔を
押さえるんですけど、娘さん、ついちょっと目開けて
見ちゃう…。

「見ちゃダメ!」…って言うなら娘の目、中途半端に
押さえないでしっかり掌で目ェ塞いで上げなさいよと…w

だから戻れなくなっちゃったんでしょうが!
(多分見ちゃったので悪の性格の子が娘さんに入っちゃった
⇒なので灰色の世界継続…)

ま、そんな映画でした。

◇日本沈没
書きたいことは先に大体書いちゃいました。
むかーしに何かテレビの深夜映画としてオリジナルの
日本沈没見た記憶があります。

よく覚えてませんが、こっちは最後に日本が沈んじゃって
恋人(この映画で言うところの草薙さん・柴咲さん)
の二人はモスクワと南の国に離れ離れになって、
それでも「いつか逢える…」みたいな終わり方だった
ような気がします。

が。

今回の映画ではぎりぎり日本は沈没しきりません。
その点は、少し救いがあったのかなぁ…とは思います。
日本を沈めている大陸プレートに原爆級の爆弾を
仕掛けて、これで沈む分のプレートだけ切り離しちゃう
…って形でした(因みに草薙さんはこの作戦で消息不明に)。

問題は大陸プレートだけではなかったような気がするんですが…
まぁいっかw

若干、ご都合主義的な後味は残りましたw

でも、奈良で大仏が頭残して沈んでたり、京都で
?重の塔がガラガラと海の中に崩れたりする絵は
ホントに悲しいものがありました。
水の都大阪は既に海の底に沈んでるし…。

途中、国宝を運び出してアメリカや中国に輸送する
なんてシーンもありましたが、ホント、中国なんかに
送っちゃったら日本の国宝なんてどうなることか。

っていうか、中国・韓国あたりから、
「この映画ウチでも上映したいー」って要望が来ている
みたいですけど、この映画の意味ホントに判って
上映するわけでもないでしょうに…。

あと、柴咲さんの役どころは神戸で震災に遭ったっていう
設定です。震災って言う視点で見ると、災害のシーンは
ちょっといろいろ想い起こさせられました。

まぁ…そんな映画でしたねぇ。
| 映画 | 23:55 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |
コメント
さいれんとひる・・ こわいので見ません(;´ρ`)

日本沈没はみてみたいなぁー^^
来週はゲド戦記?(´∇`)

みたいのあるけど〜実家方面では生憎、映画館なるものが・・・

はやくDVDにならないかねぇ・・
| ぷりにー | 2006/07/23 2:13 PM |

私もサイレントヒルを観ました。
怖いのを期待していったのに、「ポカーン」な感じでした。
なんちゅうか内容もそうだけど主人公の行動がゲーム的でしたね。
正直、観て失敗したなぁって思っちゃいました^^;

ちなみに昨日は奥さんに連れられて『ハイジ』を観てきました。こっちはツボをきちっと抑えててイイ感じでした。
| ロデム | 2006/07/24 11:58 AM |

>>プリニーさん
いろいろ遠出して知らない街の中を
ぶらつくのも冒険といえば冒険ですよ^^
仮想の世界に求めずとも、ふとした日常の
中に冒険なんてゴロゴロ転がってるものです^^

>>ロデムさん
お久しぶりですー^^
確かにサイレントヒルは前評判の割りに
思い切り肩透かしをもらった感じでしたねぇ。
ハイジ…面白そうだなぁ^^
ただ、こっち(神戸エリア)で上映してる
映画館がないのよねぇ…
そのうち上映するのかしら?
どこかの映画館でかかったら観に行って
みます^^
| Stratas | 2006/08/06 7:13 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cheshiercat.jugem.jp/trackback/17
トラックバック