SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Cheshire Cat grins on the Pictures

<< みつけたーーーーーー!!!!!!!! | main | 新年明けましておめでとうございます^^ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
書評2点
気がつけば12月。早いものでもう師走ですね^^
この先、気合抜くともっと時間の進行が早く
なるのかしら…。

みなさん今年のクリスマスはどんな風に過ごす予定ですか?
私は久しぶりに旦那様と水入らずですw
そんなクリスマスがとっても楽しみな…Stratasです!

さて、最近久しぶりにファンタジー系の本をいろいろ
読んでいます。なので、今回は簡単に書評をば^^
スピリチュアルの本も、特に美輪さんの本とか
面白いんですけどね^^ そのへん書き出すと
とてもとてもコアな話題になりそうで…w

では1つ目、いきましょう。

■「ゲド戦記」
今、1巻から始まって4巻まで読み終えました。
これは映画みて、「ちょっとまじめに読んでみよう!」
って思ってなんですけど、さすがに大御所って感じの
読み応えです!魔法の原理や、世界観、哲学的なところの
話が結構しっかりしていて(多少読むのシンドイ時も
ありますが)全体を通して安心して読み進められます。

ただ、映画と比べると…w
まぁ、映画はあの短い時間の中にどれだけお話の要素を
詰め込めるか…がポイントなんでしょうから仕方ないとは
思いますけどねぇ。
映画は、ちょうど単行本の3巻が一応、その下りですね。
レバンネン王子と、魔法使いクモを追い詰めるって言う
話で、まぁ、テルーとか出てきて竜に!
…ってな話ですが。

テルー、3巻に姿も影も出てきぃひんやん!!!(笑

テルーの出現は4巻でした…。
しかも4巻だとレバンネン王子と絡むってほども絡まないし。
年もずっと離れてる設定になるし…。
特に、テルーのやけどの描写がとてもえぐくって、映画の
「ちょっと痕が残ってますのよ。ホホホ」
…的な描写はちょっとヌルくしすぎでしょとw

まぁ、両方とも面白いからいいんだけどサ…。
映画観た人は小説も読んでみましょう。2〜4巻
あたりだとちょうど映画の人物全員出てきてそれなりに
キャラクターの背景も見えてきますよ^^

-*-*-*-
さて、2つ目
■エラゴン〜エルデスト
この12月16日に公開のエラゴン、読んでます。
ブログの卵はぜんぜんカウント減りませんが…(笑

このエラゴン、旦那とは映画見に行こうか〜っていう話は
していますが、原作読んでみると、どうもアレね。

この小説自体、作者が15の頃に書いたという話で、
その割にはとてもステキなお話です。
ただ、どうもやっぱし見てるとそこここにいろんな
影響が見て取れたりしますw
たとえば…

⇒スター・ウォーズ:身一つの主人公(&師匠)VS帝国
 の構図が…
⇒上にも書いたゲド戦記:魔法とそれに関連する古代語の
 あたりのロジックが「おやおや?ふむふむ!」って感じw
⇒パーンの竜騎士:これはマイナーで読んだ人少ないかもですが^^;
 ドラゴンと、それに乗る資格を得たドラゴンライダーとの絆的な
 設定がかなりそのままねぇ。
 (パーンの竜騎士サイト:http://www.phoenix-c.or.jp/~taitian/mccaffrey/pern01.html

などなど。知ってる人が見たら、「あ、これもこれもー」
っていうところはほかにも出てくるかも?

でも、そんな設定はあからさまに見えていても、やっぱ
このお話は面白いです。旅・ドラゴン・魔法・魔法の剣・
エルフ・ドワーフetcetc と、ファンタジーのお約束が
全部きれいに入ってます。いい感じに謎が解消されつつ
先へ進みつつ。普通に面白いですよ^^
(特に単行本のエラゴン1〜3は、世界地図に、どの章では
どの辺りにいる…っていうのがマッピングされてるのが特にイイ!)

なので、ゲド戦記よりもさくさく読み進めますねぇ。
ちなみにエラゴンシリーズ(性格にはドラゴンライダーシリーズ)
は、「エラゴン」のあとに、「エルデスト(上)」「エルデスト(下)」
と続いて、3部作です。映画も3部作になるみたいですが、
ちょっと楽しみですね。
(特にちょっとツンデレ系のドラゴンがどう描かれるかが…w)
| 徒然 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:45 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cheshiercat.jugem.jp/trackback/34
トラックバック